オススメリンク

雨漏りとはなにか

防水シートが貼られた屋上

雨漏りとは、雨の水が建物のどこか破損箇所から、室内あるいは建物内に浸入することです。
雨水は、いろいろな所から浸入します。
例えば、瓦のヘアーキラック(髪の毛のように細いヒビ)からとか、サイディングの継ぎ間のシーリングが、痩せてしまったところとかです。
この他に、大きな変形によるものもあります。
これは、台風によって吹きつけられたものがぶつかって、瓦が割るとか飛ばされてなくなるとかです。
このような完全に損傷箇所が、外見からわかれば修理はできます。

屋上とはなにか
屋上とは、建物の一番上で屋根の作用と、物干しやその他簡単な利用が出来る陸屋根部分のことです。
屋上は、屋根でもあるのですから当然防水です。
雨水を、建物内へ浸入させるようなことは、あってはなりませんし、雨水を排水しなければいけません。
雨水を排水するためには、水を排水口に集めて樋で、建物外へ排出します。
雨水を排水口に集めるのに、屋上には排水口に向かって、勾配がつけてあります。
歩いてみても分からないくらいの勾配が、ついています。

屋根面の防水とはなに
陸屋根の防水は、シート防水やFRP防水、防水塗装などがあります。
いずれの防水方法も、雨や風によって防水層が、取れてしまったりしてはいけません。
下地面のコンクリートにしっかりと付着しないといけませんし、コンクリートに発生する細かなヒビは、防水層自体が吸収しないといけません。
下地に付着するということと、小さなヒビくらいは横伸びして、防水効果を維持するということは、少し反しています。
付着が強すぎると、コンクリートのヒビと同じに面が切れます。

雨漏りの難点

屋上のベンチ

生活している住宅も老朽化してくると、屋上の一部が傷んで雨水が浸入し、室内に雨漏りを起こす場合があります。
雨水は家の資材を腐らす原因にもなりますので、雨漏りを起こすとどうしても修理が必要になりますね。
少しでも長持ちをするように、修理の時には屋上に様々な装備をしておいた方がよいでしょう。
例えば防水対策もその一つですね。
塗料を塗りなおしてもらう上でも防水機能あれば、それだけ安心して暮らせるようになります。

暑さも原因の一つ
屋上は、太陽の光が一番受ける所ですので、熱による破損も起こってきます。
あまりの高温ですと割れ目ができて、そこから雨漏りを起こすこともあるのです。
住宅は土台がしっかりしていることが最重要ながらも、壁や屋上など次々にメンテナンスが必要になってきます。
屋上の作りをしっかりとして、熱や雨の被害から守る為に、専門業者による定期的な健診や修繕をなるべく受けるようにしたいですね。
その為の費用の備えも必要になってきます。

経済面の備え
家の修理には多額のお金がかかりますので、日々の生活の中で少しずつの備えも必要になってきますね。
毎月数千円でも、長年かけて貯金しておけば、それが大きく役立つ時がきます。
必ず屋上の修理は必要な時が来るのですから、早めに心がけておきたいものです。
家の管理やメンテナンスは、人の身体のメンテナンスにも似ているのではないでしょうか。
どこか具合が悪くなれば早めに対処するほどに、かかる費用も経済的に済んでいきます。

雨漏りを早期に発見

屋上に座る男性

居住している住宅に雨漏りなどが発生してしまうことがあるために、定期的に住宅を点検することが必要になります。
雨漏り対策は例えば屋上の状態を常に監視することも良い方法で、ダクト部分などに蓄積されてしまうゴミなどにも注意することが必要になります。
できるだけ雨漏りを早期に発見することが良い方法になるために、室内部分であっても天井回りやクローゼットの中なども細かい部分にまでチェックを行うことが推奨されています。
シミなどが発見できた場合では、雨漏りの可能性が高いために、防水などの早めの対処が必要です。

屋上に施工する方法
実際に雨漏りが発生してしまっている住宅の場合では、できるだけ早期に修復のための工事を施工することが必要になります。
住宅の形状によって大きく異なりますが、住宅周りに足場を設置することを必要とするケースもあります。
施工方法に関しても、屋上に使用されている素材によって変わることになり、例えば屋根材を新しいものへと変更したり、パテなどを用いて簡易的に修復することができるケースもあります。
また、シーリング工事も大切な要素になります。

高度な技術について
一般的な住宅の屋根の場合では、比較的簡単に雨漏り対策を行うことが可能となりますが、屋上が平らな空間に仕上がっている建造物の場合では、内容によっては高度な技術が必要となるケースもあります。
一般的にはコンクリートなどを利用して作られているものが多い傾向にありますが、アスファルトや防水シートを利用する方法や、強化プラスチックの素材を活用して修復を行う方法も用意されていて、施工後には両方共高い防水性を確保することができます。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031